小顔になる方法を確認【医療機関の相場の半額以下で施術が展開】

作用が違う2つの小顔治療

女性

基本と治療に関する留意点

見た目にも可愛らしい小さな顔は憧れの的ですが、美容整形クリニックでは小顔になる方法として、数々の美容治療を提供しています。特にボトックスをエラに注射する治療と、BNLSと呼ばれる脂肪溶解薬を注射する治療が人気です。まずボトックスの基本情報ですが、この注入薬はボツリヌス菌を主体としており、筋肉の動きを阻害する働きがあります。エラには咀嚼に使う咬筋という筋肉があり、ボトックスによってその動きを弱め、筋肉を使わなくすることでエラ張りを解消する訳です。1回の施術でも小顔効果を得られますが、概ね半年から1年間隔で治療を繰り返しますと、小顔になる方法として更に効果が高まることも豆知識となっています。一方、BNLSは筋肉ではなく脂肪にアプローチする小顔治療で、ボトックスでは対処できない贅肉を落とし、スリムなフェイスラインを目指す施術です。注射箇所はエラや頬など多彩な部位へ可能となっており、気になる2重アゴが改善できることもBNLS注射の基本知識になります。BNLS注射やボトックス注入を小顔になる方法として受ける場合、抗生物質や筋弛緩剤など、現在服用している薬剤がおありなら、事前にドクターに申し出ておきましょう。また、筋肉痙攣などの症状でボツリヌス製薬による治療をほかの病院で受けている際も、疾患名や投薬量および投与日などを、ドクターへ忘れずにお伝えください。そして、施術を受けた日は内出血の発生などを抑えるため、アルコール類の摂取を控えるようにします。同様に注射した部分を揉み込んだり、力を入れてこすったりしないように気を付けましょう。そのほか、BNLSやボトックスによる美容治療は、小顔になる方法としては比較的シンプルな施術ですが、それだけにドクターの技術が結果に大きく関わってきます。注入治療は狙った部位をピンポイントに改善できるのがメリットな反面、正しい部位に注入しなければ優れた効果は望めません。そこで、治療を受ける時は値段だけで決めず、適切な部位へ確実に注射してくれるなど、熟達した技術を持つドクターを選びましょう。

Top